B型肝炎の給付金請求

注射B型肝炎の感染者は日本にたくさんいます。その原因となっているのは過去の集団感染です。日本では集団予防接種が行われていたときに注射器が連続で使用されていたという過去があるのです。これによって当然感染症は蔓延してしまいます。B型肝炎の患者が増えてしまったのです。このような状態を日本はずっと放置していました。そのせいでたくさんのB型肝炎の感染者が出てきてしまい、ついには被害者から集団訴訟されるようになったのです。最終的に裁判では和解が成立しています。そして、日本から被害者に対して給付金を支給するという制度が生まれました。

B型肝炎の給付金を請求するための流れとしては、まず裁判で国に訴訟をします。そこで給付条件を満たしているのか確認されるのです。問題がなければ国と和解をしてお金を受け取ることになります。したがって、B型肝炎の給付金を受け取りたいならば、裁判をしなければいけません。ほとんどの日本人にとって裁判は経験のないことでしょう。そのため不安を感じている方は多いです。果たして自分に手続きができるかどうか半信半疑の方もいるでしょう。このような方は弁護士に相談をするという方法があります。実際に弁護士を利用してB型肝炎の給付金を受け取っている方はたくさんいるのです。

こちらではこれからB型肝炎の給付金のことについて弁護士に相談をする際のポイントについてまとめました。これから弁護士を利用したいと考えている方はぜひとも参考にしてください。